タンザニアのチャイ(紅茶)の作り方

タンザニアの食べ物・飲み物はおいしいものばかりでしたが、中でもおすすめなのが「チャイ」です!

「チャイ」(スワヒリ語)は「紅茶」という意味です。

タンザニアには、チャイに砂糖や牛乳をたっぷり入れて飲むのが好きな人が多く、

現地の紅茶はとっても甘くておいしいです!!

 

今回はそんな甘くておいしいチャイの作り方を見てみましょう。

(これはキリマンジャロ山麓の村の一家庭での作り方です)

 

まずは、水と牛乳を1:1くらいで混ぜたものを鍋に入れ、火にかけます。

1-a6_gcfrpnolyqz8sfp9z7w

しばらくして煮立って来たら、茶葉と砂糖を入れます。

このとき、茶こしをつかわず鍋に直接パーッと入れます。

(最初この光景を村のお宅で見たときは紅茶を作っていると気づかず、

何かのスープを作っていて調味料を入れているのだろうと思ってしまいました!)

砂糖も同じように、結構大量に入れていました!

1-3-ug6o6z_ydlflne9qung
茶葉

そうしてしばらくしたらハーブを鍋に入れます。

このハーブの名前はわからないのですが、これを入れるのと入れないのとでは味や香りがちがいます。

現地から帰ってきて、タンザニアで買った茶葉を使って同じように紅茶を作ってみたのですが、

現地で飲んだチャイとまったく同じ味や香りの紅茶はできませんでした。

おそらくこのハーブを入れなかったのが原因なのではないかと思っています。

もしこのハーブの名前がわかる方がいましたらぜひ教えてください!

1-hrw-t98opr1r8hesv1qukw
チャイに入れるハーブ

これですべての材料が鍋に入りました。

しばらく火にかけたら、

1-0xhvti-u2ujplcynzaiuxw

茶こしを使いながら、食後に家族みんなで飲めるようにチャイをポットに移します。

1-v0jpt4a2edgnygts5mwhpq

これで甘くておいしいチャイの完成です!

ちなみに、現地でのホームステイ先のお宅へのお土産にと思って日本茶を持参したのですが、

 

1-hmrquudlatxwrflmkuwtrg
日本から持ってきた茶葉

普段から甘いチャイを飲んでいるキリマンジャロ山の方々にとっては、

「お茶は甘いもの」だそうで、日本茶はあまりお口に合わないようでした!

「日本茶は体にいいんですよ」というと、

「お茶なのにまるで薬みたいだ」と言って笑いながら飲んでいました…。

 

同じ「お茶」なのにまったく違う「チャイ」と「日本茶」。

同じ「お茶」と呼ばれるものでも場所が違えばまったく違うものになるんですね。

 

みなさんもタンザニア式「チャイ」の作り方、ぜひ試してみてください!

**************************************

キリマンジャロ山では「自然」を守るために2005年に国立公園が拡大しました。

この拡大によって、森をずっと守ってきた彼ら(村人)は森から追い出されてしまいました。

当初の目的とは相反し、この国立公園拡大は、人権侵害など様々な問題を引き起こしています。

解決にむけて当会も全力で村人をサポートしています。

どうか皆様のお力を貸してください。世界の関心がこの問題解決を後押しします。

詳しい情報はこちらから↓↓ 署名も行っております。(下記リンクよりよろしくお願いいたします。)

https://goo.gl/UBSB2t    (署名で支援)

http://polepoleclub.jp/kihu.html  (寄付で支援)

http://polepoleclub.jp/kaigai.html   (当会の海外事業について)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中