【クラウドファンディングに挑戦中!】 キリマンジャロ山で起きている問題を世界に伝え、村人の生活・森・動物を守りたい。

当会はキリマンジャロ山で起きている問題を世界に伝え、キリマンジャロ山の森、そこに住む村人たちと動物たちを守るためにクラウドファンディングに挑戦中です!

 

クラウドファンディングサイトReadyfor→https://readyfor.jp/projects/eden

クラウドファンディングPR.png

 

世界遺産キリマンジャロ山で起きている問題とは?

キリマンジャロ山では長い間地域の人びとの手によって森林が守られてきました。

村人たちが守ってきた自慢の森林、「エデンの森」はキリマンジャロ山の中でももっとも豊かな自然が残されているのです。

content_dcdfd41cb6e96e78736deb5f5add6f6311da8e80
村人によって植えられ、生長した木

 

ところが、11年前そんな村人たちを「森林の破壊者」とみなし政府は森への立ち入りを禁じました。

村人の徹底排除のために世界遺産であるキリマンジャロ山で、暴力行為までが行われているのです。

地域住民の人権侵害、森を守ってきた村人を追い出した事による森林荒廃は深刻化しています。

「銃と暴力で森は守れない。守ってきたのは私たちであり、森と平和な暮らしを返して欲しい、失われてしまう前に森とそこに暮らす動物たちを守らせて欲しい」

と村人たちは声を上げています。

 

問題解決のために

私たちは苦しい状況にある村人たちを助けるため、森や動物たちを守るために2つのことをすることを決めました。

1、住民総出、国立公園で2,000本の植林活動を行う

13524361_1731751653704198_5993260566475896588_n.jpg

森を守ってきたのは村人たちだということを政府に分かってもらうため、また荒廃が進む森林を守るため、地域の人びとと協力して植林活動を行います。

この取り組みはキリマンジャロ山の象徴、“黒白コロブスモンキー” を守るための活動でもあります。

content_a253d367b621be46f2f2f7821c72d33f5a4d07b3.jpg
黒白コロブスモンキー

 

2、「エデンの森」シンボルマークステッカーを作成する

sutekka-.jpg
「エデンの森」シンボルマーク

 

 

 

村人たちの誇り、「エデンの森」のシンボルマークを考えてもらい、それをステッカーにして村人全員(約1万1千人)に配布。彼らの好きなところに貼ってもらいます。

このステッカーがあれば村の人びとは世界各国から来る観光客に、村人たちが守ってきた「エデンの森」の存在、キリマンジャロ山で起きている問題を説明することができます。

このステッカーは村の人びとが「森を返してほしい、自分たちに守らせてほしい」と世界に向けて訴えつづける力となります。

kodomo.jpg

 

これらの「植林活動」、「”エデンの森”ステッカー作成」実現のために、

当会は90日間で70万円を目標としたクラウドファンディングを立ち上げました。

 

キリマンジャロ山で起きている問題の解決のためには、みなさんの力が必要です。

みなさまのご協力をお願いいたします。

クラウドファンディングサイトReadyfor→https://readyfor.jp/projects/eden

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中