ポレポレ クラブ・アルバイトさま インタビュー★

本日は、会員の皆様と同じように、いつもタンザニア・ポレポレクラブそして現地キリマンジャロ山を支えてくれている大切な存在の一人である、タンザニア・ポレポレクラブのアルバイトさんにインタビューをしました!  じゃっじゃ〜〜〜ん!

img_5757

写真: 節分の鬼のお面を被るアルバイトさん!

 

Q 今さらですが、お名前を教えていただけますか?

- 高野です。

Q たかのさんがポレポレクラブをはじめたきっかけは何ですか?

– ア、コウノ です(笑  (この後も幾度か間違えて、本当にごめんなさいw)

- アフリカ研究のゼミに所属していてアフリカの国際協力に関するアルバイトを探していたらポレポレクラブを見つけました。

Q アルバイトではどんなお仕事をしますか?

‐ イロイロありますが、、まずは企業の方や一般の方に送ってもらった書き損じ葉書や切手などの、協力者名簿を作ったり、お礼状を作成したりします、HPの更新などもします。あとは、色々と新しいことにも挑戦してブログの立ち上げやクラウドファンディングの立ち上げにも協力させて頂きました。

Q へぇ~。どのお仕事が印象深かったですか?楽しかったのは?

-ブログが一番楽しかったです^^ 自分が夏休みにタンザニアに行ったことや、自分の感じたことや考えなどを表現できたところでした。

―一番大変だったのは、FacebookやTwitterの更新が大変でした。読み手がわかりやすくて、ぱっと頭に入ってくる文章を考えて書くのがいつも大変でした。事務局の藤沢さんにいつもチェックしていただいて勉強になりました。

Q キリマンジャロに行かれたのですね?どんなことをしたのですか?

-大学4年の夏休みに、卒業研究のために行ってきました。今まさにポレポレが取り組んでいる、現地で起こっている環境保全の問題に対して自分も何かできないか、こういうところで働いているからには自分も足を運んで現地の声を聞きたいと思ったからです。

Q 簡単にどんな問題がおこっているのか教えてください。

– 地域の人たちが利用しながら守ってきた森が、法律によって立ち入り禁止になってしまい、森もそこに住む人も守れていない状態になっています。。

Q アルバイトを始める前、何か不安だったことはありますか?

-就職活動の時期にアルバイトを始めたので、、週に3日ではなく2日でも大丈夫かどうか、、最初のアルバイト面接のときにもう相談しました。そうしたら、大丈夫だったので、よかったなぁ~と思いました。

Q 大学の勉強、、バイト、、就職活動、、ときっと大変でしたのね?どうやって工夫してここまで続けられてきたんですか

ー なんというか。。 ポレポレのアルバイトを通して、大学の勉強や就職活動にもアドバイスをもらったり助けられている面もあったので、、逆にお給料もらっていいのかな(笑)って思うこともありました。休憩時間のときなんて人生相談の時もありました。

Q 休憩時間はどんな感じですか?

–  ボランティアの方は個性的な方が多くて、スワヒリ語がすごくできる人や、色々な言語を勉強している方とか、タンザニアに実際に行かれた方とかいて、毎回休憩のときにはそれぞれの旅行の話や趣味の話をしたりと、、楽しい時間を過ごしています^^

Q ポレポレのバイトを通して、学んだことや、何か自分自身が変わったことはありますか?

– 一つのことに対して、もっと時間をかけて深く考えて、自分の意見をきちんと持って相手に伝えるということが大切だなと思いました。ぽれぽれのバイトでは、わりと自分の意見をきちんと述べることが求められていて、、、でも私は普段からズバッと自分の意見を言うタイプでは無かったので。だから、いつも自分の意見をきちんと持つこと。これをぽれぽれのアルバイトから学びました。

Q そうなんですね~。もうすぐ卒業と同時にポレポレのアルバイトも卒業ですが、何かやりのことしたことはありますか?

―ポレポレクラブのアルバイトとして、クラウドファンディングを最後まで見届けられないことが心残りです。

 

高野さん!卒業でアルバイトも残り少しですね、、(寂しい!!)

インタビューどうもありがとうございました! :D

img_5755

みなさま、高野さんが立ち上げたクラウドファンディング!

もしもキリマンジャロに少しでもご関心、または当会が取り組む問題解決にご協力頂ける方は、下のリンクをポチっとクリックをお願いいたします。(読んで頂けましたら、大変励みになります!!)

クラウドファンディングサイトReadyfor→https://readyfor.jp/projects/eden

 

************************************

キリマンジャロ山では「自然」を守るために2005年に国立公園が拡大しました。

この拡大によって、森をずっと守ってきた彼ら(村人)は森から追い出されてしまいました。

当初の目的とは相反し、この国立公園拡大は、人権侵害など様々な問題を引き起こしています。

解決にむけて当会も全力で村人をサポートしています。

どうか皆様のお力を貸してください。世界の関心がこの問題解決を後押しします。

クラウドファンディング、署名も行っております。(下記リンクよりよろしくお願いいたします。)

詳しい情報はこちらから↓↓ 

クラウド・ファンディング プロジェクトページ ↓

世界遺産に想いの乗った木を植え、人と森、動物たちを守りたい

https://goo.gl/UBSB2t    (署名で支援)

http://polepoleclub.jp/kihu.html  (寄付で支援)

http://polepoleclub.jp/kaigai.html   (当会の海外事業について)

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中