POLEPOLE LAKINI KWA HAKIKA! (スワヒリ語で「ゆっくり、ゆっくり、でも確実に!」)

DSC04606

最近の日本では堅調な求人が続き、かなりの売り手市場になっているようですね。ここタンザニアでは大学を卒業してさえなかなか職に就けない状況が続いています。

経済成長率は6%台で安定していますが人口増加率も高く、また物価も上がっていることから、経済成長率の数字ほどには生活が好転した印象を受けている国民は少ないでしょう。

さらに人口構成は日本と違って典型的な末広がりのピラミッド型で若者の数は多く、就職口にありつくのは大卒の学生でさえ容易なことではありません。

タンザニアにいるとよく“Pesa za haraka”という言葉を耳にしますが、これは「目先のお金」という意味で、しっかりした計画性やビジョンを持とうとせず、すぐに手にできるお金のことばかり考えるという状況を揶揄した言葉です。とくにそのようなお金に走りがちな若者を嘆いて使われることが多いように思います。

しかし生きていくためには目先のお金でもすがるしかない今のタンザニアの状況もあるでしょう。

そうした中で地に足をつけ、コツコツと自分の夢を追いかけ頑張っている若者もいます。写真に写っているリチャード君はそんな若者の一人でしょう。彼とは旧知の仲ですが、キリマンジャロ山にある彼の出身地ウルでコミュニティツーリズムを立ち上げ、もう10年以上も頑張っています。

実は彼と会うのは本当に久しぶりで、キリマンジャロの麓にあるモシの町を歩いていてふいに呼び止める声に振り向いたら、そこに立っていたのが彼でした。ひとしきり再会を喜び合い、お互いの近況などを報告しましたが、真摯に自分の取り組みに向き合う彼の言葉の端々に、落ち着きと自信を感じることができました。

タンザニアには彼のように“Pesa za haraka”に惑わされることなく、長いビジョンを持って頑張っている若者も少なくないはず。

「お互いにこれからも頑張ろうな!」と言って別れましたが、不思議と彼とは何かの形でこれからもっと縁が深まっていくような予感がしています。来るその日をいまは楽しみに。頑張れ、リチャード!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中