タンザニアで小学校再開

ブログ

タンザニアでは新型コロナウィルスの影響で3ヶ月間閉鎖されていた小学校が、6月29日から再開されました。

手洗い励行、マスク着用のお触れが出ていますが、下の写真(6/29配信Daily Nation電子版、“Tanzania schools reopen today”より)を見る限り、マスクをしている生徒はいないようです(いつ撮影されたかは明示されていません)。

blog
・Daily Nation (6/29配信電子版、“Tanzania schools reopen today”)
https://www.nation.co.ke/kenya/news/africa/tanzania-schools-reopen-today-1291396

キリマンジャロ山の村でも小学校が再開されましたが、やはりマスクをしている生徒はほとんどいません。一方、山では山の生活に見切りをつけた若年層の流出が続いており、子どもの数が減っていることから、昔のように1つの机を4、5人もの生徒で使うという「密」な状態が緩和されているのは、何とも皮肉なことです。

タンザニアでは5月初旬に政府がコロナウィルス感染者の公式データの発表を止めてしまいました。状況が分からず村人たちも不安を抱えていますが、かといってどうにもならず、ため息をついて諦めています。

政府が情報を出さないことは、人々のコロナウィルスに対する警戒心も緩めているような気がします。「村でマスクしている人なんてほとんどいないし、教会の礼拝もそう。町(モシ)だってマスクしてないよ」と村人は言います。

大統領が「我が国はウィルスに打ち勝った」とコロナ禍の収束宣言を出したタンザニアでは、感染を疑って病院を訪れることさえはばかられる状況が生まれているのではないかと危惧しています。亡くなる人が出てもウィルスに感染していたか検査するわけでなし、持病の悪化や衰弱として済ますしかありません。実態はますます不明になるばかりです。

現地小学校の様子を見るにつけ、今回の新型コロナウィルスは、若い世代の死亡率が低いことだけは救いです。どうか子どもたちが守られますように。

 

・ポレポレクラブ インスタ(村の小学校で、7/10投稿)
https://www.instagram.com/p/CCcKTZUH_90/

 

******************************************************

★キリマンジャロ山麓テマ村にある「テマ診療所」に対する薬剤の支援にぜひご協力ください。コロナ禍により政府から受けられていた薬剤の提供が滞り、たいへん困っております。200円で村人1人が1回の診療で受け取る分の薬を支援することができます。ぜひご協力お願いいたします!

・郵便振替
 → 口座番号: 00150-7-77254
   加入者名: タンザニア・ポレポレクラブ

 ※ 振替用紙の備考欄に「診療所支援」と忘れずにご記入ください。

・インターネット決済
 →https://polepoleclub.shop-pro.jp/?pid=66771447

******************************************************

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中